ようこそ当HPへ。                               貴方は、アクセスカウンター 番目の来訪者です。

                                                     
  1.                      私の透析ライフと農業体験                                    お問い合わせ等は、右記へ http://form1.fc2.com/form/?id=894185

            1.旧 私の透析維持体験記へは、http://jp2kik.web.fc2.com/ をクリックして下さい。
                          
                          ・ 透析血液検査データNo.8   (現在の透析病院 平成26年11月〜平成27年5月までの記録) 
                          ・ 透析血液検査データNo.9   (    〃       平成27年6月〜平成27年12月31日までの記録)
              ・ 透析血液検査データ No.10  (        〃      平成28年1月〜平成28年6月末までの記録)
              ・ 透析血液検査データ  No.11  (   〃      平成28年7月〜平成28年12月末までの記録)
                          ・ 透析血液検査データ  No.12   (   〃     平成29年1月〜平成29年6月末までの記録)
              ・ 透析血液検査データ No.13          (   〃     平成29年7月〜現在までの記録) 

            2.透析よもやま話  
                          1.私の血糖値の推移と糖尿病診断検査                   26.穿刺以降に継続する痛み及び透析中の血管痛についてとシャント血管のつまり    
                                                                                                                                                                                                                                                      
                          2. 透析病院の「1ヶ月慢性維持透析患者外来医学管理料」について   27. 透析患者の心胸比(正式名称 心胸郭比)について      
                                                               
                          3.透析患者が知っておきたい 透析に関わる諸症状について       28. 透析中の透析食について                                             
                                                                        
              4.透析 徐水不足による体内への残留水について              29. 突然の透析回路(Aチャンパ)内の残血による透析中止について         
                                                                             
              5.長時間透析・高血流透析患者に於ける体内のカリウムについて     30. インフルエンザ薬 タミフルについて          
                                                                                                                                                    
                          6.人工透析装置 ニプロ TR−3000M(2007・8年製 コンソール)の透析液流量の不安定性について    31. たかが血圧、されど血圧   
                                                                               
              7.続 私のB2−MG値の変遷とアミロイド線維形成研究の現状及び透析医療現場の実情    32. 透析不足について       
                                                                       
                           8.透析日記から   (透析よもやま話)      9.ニュースの断面             33. 新しい透析効率の指標について         
                                                                       
                          10.透析に於けるチャンパ・ダイアライザー内の残血対処法         34. 長期透析患者の体重減少傾向について  
                                                              
              11.透析 静脈圧と血流量と穿刺針の関係                                    35. 私のW-PTHの推移と2012年透析医学会 ガイドラインの解釈について    
                                                                       
                          12.透析患者における適正な体内水分量はどの位であろうか              36. 活性型ビタミンDの創出過程     ( 重要 )

                          13.維持透析患者のHb(ヘモグロビン)値は、どの程度が望ましいのだろうか  37. 透析に用いられる各種抗凝固剤(へパリン等)の特徴と注意点  
                                       
                          14.私の血液検査 MCV数値について                                            38. 透析病院の落とし穴    

                           15.i-PTH値の上昇傾向とその対応                         39. 骨密度低下の原因    
                                             
                           16.続 透析中の血圧低下について                       40. 透析患者への血管石灰化の対応と骨粗鬆症薬の薬効機序 

               17.私自身によるDWの見直し                       41. 血液透析患者における心血管合併症の評価と治療に関するガイドラインについて   

                           18.平成27・28年の推定体内水分量と除水量・DW・透析前体重・透析後体重等について 42. 透析患者に於ける透析中の血圧低下の対処法について (新)
               
               19.コンソール血流量と実勢血流量及び体組成測定について        43. 私のPTH値の推移一覧  ( 新規 )

               20.私の尿量変化とDW・尿に含まれる物について      ( 改訂版 )

               21.アルブミン値が分かる血液検査票からみたカルシュウム値の前後値の推移

               22.腎機能の残る透析患者の残腎機能についての推測

               23.血管石灰化の機序          (  重要 )

               24.血液検査から知られるアルブミン値の変動にたいする覚書

               25.直近3ヵ年に於ける透析後体重の推移

            3.私の農業体験記 ( 平成29年2月現在 農業作業は継続していますが、HP上への新規の掲載は、休止中。)                                                                             
               1.菜園規模と作っている野菜                                                                    
                                                                
               2.借りた畑での農業体験 No.1                                 

               3.平成26年4月から12月の農業体験としての栽培植物について           

               4.平成27年の借りている畑の野菜作りと我が家の庭先の菜園               
              
                                                         
inserted by FC2 system