ABI・PWVからみた動脈(血管)について

       1.はじめに
          日本透析医学会から出されている 血液透析患者における心血管合併症の評価と治療に関するガイドライン 2011 からの抜粋です。
          「 わが国の透析患者の観察的コホート研究で,Non-HDL-C低値群(<100 mg/dL)に比較して高値群(≧130 mg/dL)では,心血管死亡リ
         スクが有意に高く,相対リスクは3.62(95%信頼区間1.24-10.56)と報告されている。」と。
          ちなみにNon-HDL-Cとは、動脈硬化のリスクを総合的に管理できる指標とか。
            * Non-HDL-C=TC(総コレステロール)−HDL−C(善玉コレステロール)で示される数値。
             Non-HDL-Cとは、上記ガイドラインで提示された指標で、「すべての動脈硬化惹起性リポ蛋白中のコレステロールを表します。LDL(悪玉
            コレステロール)だけでなく、TG(中性脂肪)リッチなリポ蛋白であるカイロミクロン(CM)やVLDL、脂質代謝異常により出現するレムナントな
            どを含み、動脈硬化のリスクを総合的に管理できる指標です。」 と。 (「」内の引用は、http://www.kyowamx.co.jp/pdf/lipid/info18_lipid.pdf )

              平成26(2014)年10月20日 Non-HDL-C=162−67=95mg/dL  TG 87
              平成27(2015)年10月26日   〃    =151−59=92      TG 73
              平成28(2016)年12月26日   〃    =154−66=88      TG 60
              平成29(2017)年4月24日    〃    =158−66=92      TG 87

              過去数年内は、私のNon-HDL-Cは、低値群(<100 mg/dL)に納まっているようです。

       2.ABI・PWVとは
         「PWV(Pulse Wave Velocity)とは,日本語では「脈波伝播速度」と言い、心臓からの拍動が伝わる速度から、血管の硬さをみる検査です。 .物質
        は一般的に柔らかいと遅く、硬いと速く伝わる性質があり、動脈硬化が進み、動脈壁の弾力性が失われた硬い血管では、拍動は早く伝わります。

         ABI検査(足関節上腕血圧比)は、足首と上腕の血圧を測定し、その比率(足首収縮期血圧÷上腕収縮期血圧)を計算したものです。動脈の内膜
        にコレステロールを主成分とする脂質が沈着して内膜が厚くなり、粥状硬化ができて血管の内腔が狭くなる「アテローム動脈硬化」の進行程度、血管
        の狭窄や閉塞などが推定できます。」詳しくは、http://medical-checkup.info/article/56962632.html を参照されたい。

         動脈硬化の進行具合は、どちらかというとABI検査の方がいいのではと推測致しました。

              H27(2015)年          H27(2015)    
              右足首  左足首         右足首   左足首         *  下肢閉塞性動脈硬化症の疑いは無さそうですが、しなやかという点
          ABI  1.26
  1.26   PWV   1474   1482           では、かなり失われているようで、平成29年では、その進み度合いは
              H28(2016)年          H28(2016)年            同年齢の平均レベルを大きく超え悪化したようです。
          ABI  1.01  1.05   PWV   1539   1576
              H29(2017)年          H29(2017)年             動脈硬化のリスクを総合的に管理できる指標(Non-HDL-C)は、100
          ABI  1.32  1.26   PWV   1752   1703           mg/dL以下でありますから、下肢閉塞性動脈硬化症の疑いは無いので
                                                        しょう。*
          ABI数値は、0.9以下の場合  PWV数値は、1400以下が
         下肢閉塞性動脈硬化症の疑い。 しなやか。1600までは可。

       3.血管をやわらかくする方法
          有酸素運動(散歩・ウオーキング)やストレッチ体操が効果があるとか。
          詳しくは、http://donalsonvillecountryclub.com/?page_id=85 を参照されたい。

                     若い時から体が硬い人は、血管も硬い傾向にあるとか。コラーゲンが糖化すると起こる。有酸素運動は、体内の糖分を消化し、コラーゲンの糖化を防ぐ
        のかも。組成の観点からの指摘でありましょうか。

       4.長期維持透析患者の場合の血管石灰化
          私の拙稿をお読み頂いた方であれば、血管が硬くなる場合に、血管の石灰化という現象が、透析患者にはあるという事も事実。
          確かに私も若い頃から体は硬い方でありました。前屈では、足を揃えて延ばした状態で手先が、ひざ下位までしか届かない状況でありました。若いころ
         から結構血管は硬かった可能性が高い。平成29年現在 今から3年前頃既に、PWV値は、両足共に1400を超えている。同年齢の平均値であり、立派
         に老化現象を来している。更にここ1・2年で相当進行したと思われます。

          私も既に透析歴 12年。骨・ミネラル代謝異常に悩まされていますから、血管の石灰化が起こっても不思議ではない。
          PWV値の数値を単なる老化現象とだけ認識するには躊躇しているのが現状です。





          

inserted by FC2 system