透析血液検査データ No.13

                                                              血液検査データ H29/6/12 (月)                     血液検査データ H 29/ 6/26
                                                   透析前 透析後 除去率(%)                                  透析前 透析後  除去率 (%)                 
                              尿素窒素(mg/dl)  46.7     6.1        86.9                              尿素窒素     49.4      6.3       87.2   
                            クレアチニン(〃)   10.15   2.15       78.8                             クレアチニン     10.30     2.17     78.9
                            カリウム(mEq/l)    3.9     2.9                                      カリウム          5.1       3.2  
                                        カルシュム(mg/dl)   9.3     9.0     (前値ノミ補正)                   カルシュウム       9.3       8.8       (前値ノミ補正)
                                        リン    (〃)     4.8     1.9                                     リン            4.2        1.5
                            尿酸            8.3     0.9                                       尿酸              7.6        0.9 
                               血糖値        114                            アルブミン値     3.5               
                           ヘモグロビン(g/dl)   11.5                             ヘモグロビン         10.9 
                           ヘマトクリット(%)    36.2                                         ヘマトクリット        33.8  
                            アルブミン値(g/dl)   3.8                                                  B2-Mg                                                                                                     
                              W-PTH  (pg/ml)   106.6                            W-PTH               126.8pg・mL                        
                                        Kt/v値           2.44                              Kt/v値                2.42 
                                            QB 350   QD        最大640                               透析条件 前回と同じ 但しQDは、最大640カ
                              ダイアライザー ニプロ Fix-250s eco                前体重 75.6Kg    後体重 74.6Kg    DW  74.8Kg(実質)    
                                            針 15G  6時間透析 補液 8リットル/時             CRP定性 (-)
                              前体重 76.5Kg  後体重 74.6Kg  DW 74.9Kg(実質)

                                            6月1回目の血液検査、個表は、通常検査日の週の金曜日に渡される。その週の水曜日には、W-PTH値以外は、データが届く。珍しく
                   W-PTH値が、水曜日の昼過ぎに届いた。W-PTHは、106.6pg/mL若干前回より下がっていた。I−PTH値に変換すれば、181.22カ
                   アルファーロール0.25mg2錠/日が効いているのでしょう。もう少しこの状況を続けて様子見。それ以外の項目は、可もなし不可も無し。
                    只、透析前Ca値については、レグパラ錠の追加で対処できるかも。                    (平成29年6月17日 記載)

                   6月2回目の血液検査。W-PTH値は、126.8pg/mL またもや上昇。レグパラ25mg1錠/日・アルファーロール 0.25mg×2錠/日で前回と
                  まったく変えていない。6月15日(木)の血液検査での25(OH)Dの数値は、10.2ng/mLであった。相当低い値で、25ng/mL以上が、充足
                  値かと。25(OH)Dが低値ということは、天然ビタミンDの摂取が悪いということ。体の中には、25(OH)Dの受容体は、かなりあり、そこでも
                  僅かでありましょうが1α25(OH)D(活性化ビタミンD)は創出されている可能性が高い。多くは、腎臓で創出されますから、私のような腎不
                  全透析患者では、まず、望み薄。活性化ビタミンDは、透析終了時マツサカルシトール2.5μgの静注で補うしかない。

                   Drとの話し合いで、DHC社のビタミンD3を自費にて飲んでみようという事にしました。薬局に依頼中。 ( 平成29年7月3日 記載 )

                                                              血液検査データ H29/7/10                     血液検査データ H 29/ 7/24
                                                   透析前 透析後 除去率(%)                                  透析前 透析後  除去率 (%)                 
                              尿素窒素(mg/dl)  50.1     6.3         87.4                             尿素窒素      52.5     6.9       86.9   
                            クレアチニン(〃)   10.32   2.0          80.6                            クレアチニン       9.81    2.05     79.1  
                             カリウム(mEq/l)   5.0     3.1                                       カリウム          4.6      3.1   
                                        カルシュム(mg/dl)   9.0     8.9     (前値ノミ補正)                    カルシュウム       9.2      8.7     (前値ノミ補正)
                                        リン    (〃)     4.8     1.7                                       リン            5.2      1.6   
                            尿酸            8.4     0.9                                         尿酸              7.4      0.8 
                               血糖値         112                             アルブミン値     3.6                
                           ヘモグロビン(g/dl)   11.1                                ヘモグロビン        10.6   
                           ヘマトクリット(%)   33.3                                            ヘマトクリット       34.1   
                             アルブミン値(g/dL)     3.5                                                                                                                                                        
                              W-PTH  (pg/ml)     113.8                              W-PTH             139.5                           
                                        Kt/v値            2.44                                 Kt/v値                2.41 
                                            QB 350   QD        最大640                               透析条件 前回と同じ 但しQDは、最大640カ
                              ダイアライザー ニプロ Fix-250s eco              前体重 76.0Kg    後体重 74.5Kg    DW  74.7Kg(実質)    
                                            針 15G  6時間透析 補液 8リットル/時
                              前体重 75.6Kg  後体重 74.5Kg  DW 74.8Kg(実質)

                                           1回目の血液検査、やや透析前K値が上限枠ぎりぎり。こうしないと、透析後のK値が3を割るときがあるようです。W−PTHは、レグパラ
                   アルファロールとも前回と変わらない服用。PTH値は、上下するようです。
                    そうそう、ビタミンD剤(DHC社のビタミンD剤 25μg1錠/日を7月7日より服用しはじめた。)を服用。今日で丁度1週間になりました。
                    25−ビタミンDは、半減期が、3週間と長い為、2週間経った頃25−ビタミンDの血中濃度を測定したいと思っています。どの程度上昇する
                   かにより、余り多くならない25ng/mL前後にして置きたい。そして、Ca・Pの変動に注意していきたい。 ( 平成29年7月14日 記載 )

                    2回目の血液検査。透析後のCa値は、やや低くなっているように思える。今年5月の2回目血液検査では、透析後Ca値は、8.3。Drに
                   お聞きしますと、私だけ低いという。理由は分かりませんとも言われた。透析液Ca濃度が、低いせいかとも思いましたが、私だけと言われれ
                   ば、透析液濃度ではないようです。そして、6月は、むしろ後Ca値は、9前後。いったい何であったのだろうか。(平成29年7月28日 記載)

                                            平成29(2017)年8月11日(金)のDr回診時、この日は、初代院長が回診にみえた。平成29(2017)年5月22日の私の血液結果のCa
                   値についてお聞き致しました。当Drも私以外の患者さんのCa値をお聞きになっていました。スタッフからは、特に異常はないという返答をされ
                   ました。そして、私の透析後Ca値 8.3は、異常とは思えないような言葉があり、回診は終わりました。その後もう一度全ての回診が終わって
                   から戻って見え、検査機関は、異常と思えば再検査をしたという話をされました。また、機械がする検査でありますから、100回中1回は、検査
                   ミスもある可能性を指摘され、検査機関には、当該患者の血液は、一定期間保存されていますから、病院側から指摘すれば、再検査可能とい
                   う話がありました。その日の責任ナースさんも立ち会っておられましたから今後は、そのようにして頂けるものと思います。


                                                              血液検査データ H29/8/7                      血液検査データ H 29/ 8/21
                                                   透析前 透析後 除去率(%)                                  透析前 透析後  除去率 (%)                 
                              尿素窒素(mg/dl)  32.3     4.4        86.4                              尿素窒素      38.6     5.2       86.5   
                            クレアチニン(〃)    7.58    1.6        78.9                              クレアチニン     10.35    2.18     78.9
                             カリウム(mEq/l)   4.7      3.1                                      カリウム          3.7      3.0   
                                        カルシュム(mg/dl)   9.7      9.0       (前値ノミ補正)                 カルシュウム       9.2      8.6        (前値ノミ補正)
                                        リン    (〃)     4.2      1.7                                     リン            4.3       1.5
                            尿酸            5.7      0.6                                       尿酸              6.8       0.7 
                               血糖値        120                             アルブミン値     3.6               
                           ヘモグロビン(g/dl)  11.6                               ヘモグロビン         11.1  
                           ヘマトクリット(%)  37.1                                            ヘマトクリット        34.5 
                            アルブミン値(g/dL)    3.8                                                     non-HDL(mg/dL)   88                                                                                                       W-PTH  (pg/ml) 146.3                                 W-PTH               127.3                         
                                        Kt/v値           2.29                                Kt/v値               2.37  
                                            QB 350   QD        最大640                               透析条件 前回と同じ 但しQDは、最大640カ
                              ダイアライザー ニプロ Fix-250s eco                前体重 75.4Kg    後体重 74.1Kg    DW  74.4Kg    
                                            針 15G  6時間透析 補液 7リットル/時
                              前体重 74.7Kg  後体重 74.3Kg  DW 74.5Kg(実質)
                    HbA1c    5.0%

                                            8月1回目の血液検査。8月5日(土)にも月 14回の透析回数になるよう透析日が繰り入れられていた。8月第1週のみ週 4回透析。
                   5時間透析、透析条件は6時間透析に準じます。そのせいでしょう。尿素窒素・クレアチニン値は、大幅に低下。一日空き透析の水曜日の
                   血液透析日の血液検査に準じています。8月9日の回診時Drに、W−PTH値の上昇が前回に続き2回目でしたので、アルファロール錠の
                   増量を打診したところ次回の薬から1錠増量し、3錠/日となりました。
                    除水量は、通年の通り体重減の為、DWより更に0.4〜5Kg多くして徐水をおります。盆を過ぎる辺りから体重も徐々に増加していくので
                   はないかと。                                           ( 平成29年8月15日 記載 ) 

                                          8月2回目の血液検査。この日の穿刺は、某技師さん。透析最終の返血作業時に私も知りましたが、通常脱血側は、血流に対して針を刺し
                  ている。所がこの日に限っては、血流に沿って刺されていた。事前に患者に通知もなく変更されましたので何故かと問いましたら、その技師さ
                  ん「どちらに刺しても変わりません。」と。私が知りたい事は、どうして変更する必要があったのかということ。もう少し良く考えてから答えて欲し
                  と思い、次回の透析日までと念を押しましたが、しばらくして再度説明しようと来られましたが、やんわり断りました。傍にいた返血作業のリーダー
                  さんも制止されてみえました。

                   私が心配した事は、私のシャント血管は、機械で血流400で回しても実質340程度しか取れず、シャント血管の内圧は、あまり高いとは言え
                  ないようで、それ故340止まり、陰圧が脱血側では、血流に対して穿刺しても起こっている。ましてや、血流に沿って穿刺した場合、対しての穿刺よ
                  り大きめの陰圧が血球にかかったのではないかという事。実際には血管内の事柄故分かり兼ねることではありました。

                   次回の時 朝Dr自ら私に対して申し訳なかった。と言われ、厳重に技師さんに注意したとも言われ、「凡ミスです。」と。
                   どうも、Drには、この技師さんの情報は、正確には伝わっていないのではという印象を持ちました。裸の王様状態でなければとも思ってしまう
                  自分の感情を抑えることが出来ませんでした。(あくまで私自身の心のうちの思いでありますが・・・・。)

                   果たして今回の血液検査、BUN値の前後値をみると何かしら一日空きの透析日の数値のような錯覚を覚え、しかし、クレアチニン値については
                  通常の二日あく透析日の前後値。しっくりきませんが、Drからは、特に何等コメントは無かった。透析スタッフのYさんには、その旨伝えましたが・・・。

                   そして、今日(8月25日 金)の回診時、Drから「血管は、よかったですか。」という質問。外見上は何ら違和感はないとのみ答えました。
                   8月23日(水)のDrとの別室での話しでも、謝られましたが、穿刺については、どちらでも良いと以前読まれた本にも記述されていたとも話され
                  ました。私からは、それは、いつ頃の時期に出された書籍でしょうかともお聞きしましたが、たいていこのように書かれているという答え。
                   私は、どちらかというと高血流透析患者。血流量200前後であれば、どちらに刺そうが問題はないのかもとも思いました。別室での立会人として
                  23日のリーダーさんが、その場におられ、一部始終私とDrの話を聞いてみえました。 ( 平成29(2017)年8月25日pm6時14分 記載終わり)
                   
                                                              血液検査データ H29/9/11                      血液検査データ H 29/ 9/25
                                                   透析前 透析後 除去率(%)                                  透析前 透析後  除去率 (%)                 
                              尿素窒素(mg/dl)  43.2     5.6        87.0                             尿素窒素      43.5     5.6        87.1   
                            クレアチニン(〃)   10.61   2.18       79.5                            クレアチニン      10.53   2.17       79.4
                             カリウム(mEq/l)    3.9    2.9                                     カリウム           3.8     2.9 
                                        カルシュム(mg/dl)    9.8    9.1      (前値ノミ補正)                 カルシュウム        9.0     8.8        (前値ノミ補正)
                                        リン    (〃)      4.8    1.5                                     リン            4.5      1.6
                            尿酸             7.7    0.8                                       尿酸              7.8    0.7                  
                                        アルブミン値      3.8                                  アルブミン値          3.7
                           ヘモグロビン(g/dl)    12.1                            ヘモグロビン         11.8  
                           ヘマトクリット(%)    36.0                                       ヘマトクリット        34.6 
                             血糖値         105                                                                                                                                                                   
                              W-PTH  (pg/ml)       98.9                          W-PTH               128.8                         
                                        Kt/v値            2.40                             Kt/v値              2.40   
                                            QB 350   QD        最大640                               透析条件 前回と同じ 但しQDは、最大640カ
                              ダイアライザー ニプロ Fix-250s eco                前体重 74.9Kg    後体重 73.7Kg    DW  73.9Kg (実質)    
                                            針 15G  6時間透析 補液 7リットル/時                              ALP 241U/L
                              前体重 74.8Kg  後体重 73.7Kg  DW 74.0Kg(実質)

                                          9月1回目の血液検査個表を頂きました。(平成29年9月15日に)その日の穿刺と補助は、MさんとYさん。そのお二人に、通常と違う穿刺を
                   された方は、前もって流れに沿って穿刺する事を昼と夜患者さんの間にいつも話し合いが持たれていますから、その場で話された事はあり
                   ましたか。とお聞きしましたが、聞いた事は無いとふたかた共言われていました。とすれば、通常と違う穿刺をされた方は、自己判断で、穿
                   刺をしたことになり、組織としての共通認識をお持ちではないようです。(Drは、「凡ミスです。」と言われていましたが・・)
                    通常は、私がこちらに転院した時から脱血側は、血流に対して穿刺されている。そうした事柄を本当に理解していない状態で穿刺された
                   可能性が高い。私への穿刺をこの方は、幾度となくされている方なのに・・・。通常と違う穿刺をされた方は、どちらでも穿刺 可と考てみえ
                   ますから補助者も十分理解されていない方?のようで何度も私の補助に来られてみえますが、何ら指摘もされず、穿刺終了。
                    私は、寝ていますから穿刺針の方向はみえません。どうも高血流透析の経験がないままにこちらの病院へ転勤されたようです。相当こち
                   らでの期間がありますが、高血流透析については、理解が足りないのか、あまり研究されない方とおみうけします。(あくまで、私の推測で
                   あります。高血流透析に進んで取り組まれている某透析病院では、脱血側は、特別な理由がない限り末梢血管側に向かって刺されるとの
                   事)    
                    今日の穿刺に来られた方には、再度いつものようにどなたが来られようといつものように正確にして頂ける事を念押し致しました。
                    患者に余計なストレスを与えないで頂きたい!
                    血液検査は、上表の通りです。                          ( 平成29年9月15日 記載 )

                    9月2回目の血液検査。W−PTH値は、また上昇。なかなかコントロールは、難しい。  ( 平成29年9月29日 記載 )                                          
                                                              血液検査データ H29/10/11(水)                      血液検査データ H 29/ 
                                                   透析前 透析後 除去率(%)                                  透析前 透析後  除去率 (%)                 
                              尿素窒素(mg/dl)  36.4      4.7        87.1                        尿素窒素         
                            クレアチニン(〃)   8.44     1.74      79.4                         クレアチニン         
                             カリウム(mEq/l)   4.3       3.3                                カリウム             
                                        カルシュム(mg/dl)  9.4       8.8     (前値ノミ補正)              カルシュウム            
                                        リン    (〃)    4.6       1.6                                リン               
                            尿酸           6.7       0.7                                  尿酸               
                               血糖値        129                       アルブミン値                    
                           ヘモグロビン(g/dl)   11.8                         ヘモグロビン           
                           ヘマトクリット(%)   35.3                                     ヘマトクリット          
                            アルブミン値                                                                B2-Mg                                                                                                     
                             W-PTH  (pg/ml)     142.2                        W-PTH                                        
                                       Kt/v値           2.37                                    Kt/v値                 
                                            QB 350   QD        最大640                               透析条件 前回と同じ 但しQDは、最大640カ 補液 7ℓ/時
                              ダイアライザー ニプロ Fix-250s eco                前体重 Kg    後体重 Kg    DW  74.5Kg    
                                            針 15G  6時間透析 補液 8リットル/時
                              前体重 74.0Kg  後体重 73.5Kg  DW 73.8Kg(実質)
                    
                    10月1回目の血液検査。通常の月曜日が、祝日であった為水曜日実施。二日空きではなく、一日空きの透析で有り、検査数値は概ね
                   通常より低い数値となっている。しかし、W−PTH値は、相変わらず上昇傾向。レグパラは25mg 1錠/日、アルファーロール 0.25μg 3錠
                   /日にしてもです。
                    某大病院の甲状腺医は、W−PTH値が、この程度で推移していればいいのではという見解。副甲状腺の1腺に約6mm程度の線種カが
                   存在していると。これは、副甲状腺の肥大と捉えていいのであろうか。当院のDrは、肥大と捉えてみえるかのようです。過形成とも言われる。
                                                                             ( 平成29年10月17日 記載 )



























































                                                              血液検査データ H29/                      血液検査データ H 29/ 
                                                   透析前 透析後 除去率(%)                                  透析前 透析後  除去率 (%)                 
                              尿素窒素(mg/dl)                         尿素窒素         
                            クレアチニン(〃)                         クレアチニン         
                             カリウム(mEq/l)                                カリウム             
                                        カルシュム(mg/dl)                               カルシュウム            
                                        リン    (〃)                                  リン               
                            尿酸                                           尿酸               
                               血糖値                              アルブミン値                    
                           ヘモグロビン(g/dl)                          ヘモグロビン           
                           ヘマトクリット(%)                                     ヘマトクリット          
                             B2-Mg                                                                                                     
                              W-PTH  (pg/ml)                           W-PTH                                        
                                        Kt/v値                                    Kt/v値                 
                                            QB 350   QD        最大640                               透析条件 前回と同じ 但しQDは、最大640カ
                              ダイアライザー ニプロ Fix-250s eco                前体重 Kg    後体重 Kg    DW  74.5Kg    
                                            針 15G  6時間透析 補液 7リットル/時
                              前体重 Kg  後体重 Kg  DW 74.5Kg(実質)








inserted by FC2 system