直近3ヵ年に於ける透析後体重の推移

            1.はじめに
               最近よく透析スタッフさんより「食事食べれていますか。」と聞かれる事が多い。別段普通に食事量もあり、特には蛋白の摂取には、
              気をつけて食事では取っています。

               おそらく、除水量が少なく、体重も夏場から落ち気味であるからでしょう。私自身それ程極端に体重減ではないと思っていますが、
              当院の透析スタッフさんからみれば、異常とうつるのでしょう。

            2.直近3ヵ年の月別透析後体重推移
               H26            H27            H28
             1月 77.4    74.2     74.8              通年でみてみると、私の体重は、夏場(6〜8月)前後からやや落ちていくようです。
                 77.6    74.4     74.7              平成26年の最高体重は、78.2Kg 最低体重は、74.5Kg。その差は、3.7Kg。(脂肪減)
                             2月   77.6      74.9      74.3               平成27年は、高 75.3kg、低 73.8kg。差 1.5kg。
                                     77.5             75.1              74.5               平成28年現在 高 76.8kg 低 74.0kg。 差 2.8kg。
                             3月 77.8        74.9           74.6              確かに、体重は、年々 僅かではありますが減少傾向である事は事実であります。
                 77.5    74.6     74.6              只、平成28年の5月はじめ 75.2kg、5月末 76.4kg。差 1.4kg突然増加。
             4月  78.2      74.8      75.1              これは、5月はじめ頃 低血圧状態(最高血圧が110を切り、100台前後を一日中推移) 
                                     78.0             75.0              75.3              が続き、頻脈が突然起こり、その解消に除水量をほぼ1kg程度緩くした結果増えた事に
                             5月 75.3         75.3           75.2             よります。除水過多?が、思わぬ結果を招いたようです。それ以後DWは、やや緩めにし
                                     77.9    75.1     76.4             ています。そのお陰でしょうか、頻脈の発生はありません。そのせいでしょうか、右肺下が
             6月  77.2      75.0      76.8              レントゲンですっきり写らない事が多いようです。
                                      76.7              75.2             76.6               確かに血液検査のアルブミン値は、もっとも低い時は、3.3g/dL。食事量の蛋白摂取
                             7月 75.6          75.3           75.7             を多めにして徐々に増えていき、3.5−>3.7と変化。その後は、少し気を抜くと3.5
                 75.2    74.8          75.0              へ逆戻り。平成28年9月現在 3.9に回復。2週間前のアルブミン値は、3.6でした。
             8月  75.2      74.9       75.3 
                                       75.3             74.4              75.1               「某透析患者さんが言うには、アミノ酸の点滴を透析半分過ぎ頃から私はして、体重減
                             9月 74.8          73.8           74.3             を防いでいると。また、アルブミン値は、常時 4.0g/dL以上との事。」羨ましい。
                 75.0    73.8     74.0
            10月  74.5      74.4      73.8                私は、畑を借りて、体を動かしている方ではないかと自負していますが、運動する割には
                                                         74.4      73.9               筋肉は付かないでいます。体内のアルブミンが不足しているからであろうか。
                           11月 75.0          75.3     76.0
                 74.5    75.0            75.2                                       直近の3ヶ年の透析後体重は、確かに75.0kgを基準にして前後で推移しているようです。
            12月  74.5      74.8      74.6                 このあたりが、私には適している体重であろうか。体を動かす事も出来、透析後でもそれ程の
                                      74.5              74.7       74.6                 疲れも感じないし、普通に生活している。
                                                    透析医療は、只透析をするのみではなく、透析患者の全生活面からどのように行うのかとい
                                                   う点が、一番肝要ではなかろうか。とすれば、医療関係者と透析患者の共同でしか成り立ち得な
                                                   い筈、今後Dr・透析スタッフの力量が問われる透析医療に重点がおかれ、そうした透析病院が、
                                                   生き残っていくのでしょうか。
                                     それとも、4時間透析を完全実施し、一日3回制をきっちり守る私からみれば、透析不足を来たさないかという危惧のある透析病院が生き残っていくの
                だろうか。患者生存率が高い透析病院の統計でもあれば一目瞭然でしょうが、しないでしょうね。病院任せの透析患者を再生するような体制では・・・。

                 平成28年末頃当院へその完全4時間透析を実施している透析病院から転院されて来られ、ちょくちょく話をします。まだお若い方で、食事量も一日空
                き透析では、除水量は、約2.5Kgでしょうか。二日空く透析日は、ほぼ5kg。これで、4時間透析だと、時間当たり1kg強の除水。聞けば、800gでも本
                人は可能と豪語してみえます。若いからでしょう。血圧も透析終了まぎわ急激な低下も起こっていないと。これ位の食事量でないと体重減少が起こりそう
                なのでしょう。
                 当院へ転院されて正解でありましょう。仕事と透析を両立できるのであれば、出来るだけ透析時間の延長と血液量のアップを心がけられれば、体への負
                担が少し軽減するでありましょうに・・・。前の医院では、延長は、僅かに15分位しかしてもらえなかったと話してみえましたから。一日3回完全実施病院で
                は、ベッドの回転から最大15分の延長で打ち切らないと不可能でしょう。透析患者にすれば、透析時間は短い方が・・・良いとかんがえられるのでしょう。
                 そうした患者側の意思を逆手に取った商法がまかり通るのが現状の透析治療のような気がするのは、私だけでありましょうか。結果は、患者本人が、
                最期に知る事になりましょう。ぎょう名御璽。







inserted by FC2 system